クエン酸

夏場におすすめの梅酒にもクエン酸が含まれている

お酒が好きな方にとっては、アルコールと一緒にクエン酸効果を体験できる梅酒に注目している方は多いのではないでしょうか。特に暑い夏は、冷たい氷で割った梅酒は、火照った体に沁みわたり、とても美味しいものです。梅酒はアルコール度数も低いので、お酒が苦手という方でも楽しめる飲みものです。また最近では梅酒の種類も増えて、アルコール度数こそ低くても、コクのある深い味わいがあるものも増えていますので、アルコールが好きな方をがっかりさせない、素晴らしい梅酒が沢山あります。 梅酒には梅に含まれているクエン酸が豊富ですが、クエン酸以外にもミネラル成分などが豊富な健康的なお酒です。クエン酸はキレート作用といって、ミネラル成分が酸化しないうちに体内に吸収させる作用があり、吸収しにくいミネラルを効率よく体に取り込むサポートをしてくれます。クエン酸とミネラルが共存しているというだけでも梅酒は素晴らしい健康飲料といえるのではないでしょうか。 食欲がないときに、梅酒を食前酒代わりに飲むと、すっきりとして食欲もでてきます。もちろんクエン酸の疲労回復効果も期待できますし、程よい酔い心地は気分をリラックスさせてくれます。 梅酒は多少飲み過ぎても気持ちが悪くなったり悪酔いするということもありません。梅酒の魅力にこれまで気づかないできた方は、ぜひ試してみると良いでしょう。