クエン酸

クエン酸のキレート作用

栄養素について調べていくとかならず出てくるのがミネラルに関することです。ミネラルは、過剰摂取はいけないのですが、不足すると体の機能維持や調整に不具合が生じ「何となく調子が悪い」という健康状態をつくってしまうようです。 クエン酸にはキレート作用と呼ばれるものが備わっていて、ミネラルが酸化してしまう前に包みこんで吸収させてしまう働きがあります。一般的に鉱物ミネラルは吸収が悪いという特性がありますが、クエン酸に備わっているキレート作用により、カルシウム・マグネシウムの体内への吸収が促進されます。 ここで簡単にミネラルの主な役割を整理しておきましょう。 1.身体の構成材料として働く 骨や歯など硬組織やその他の軟組織(力ルシウム・リン・鉄など) 2.生体機能の調節を行う 体液中にイオンとして存在し、浸透圧の調節や酸アルカリ平衡、筋収縮や神経の情報伝達を行う (カルシウム・ナトリウム・カリウム・マグネシウム・塩素・リンなど) 3.たんばく質などと結合して働く 酵素の補助因子、ビタミンやホルモンの構成成分となる (マグネシウム・マンガン・銅・亜鉛・鉄・セレンなど〜酵素) (コバルト〜ビタミンB12) (ヨウ素〜甲状腺ホルモン) クエン酸は、体内に発生した活性酸素を直接攻撃してくれる抗酸化物質「SOD」を活性化するという重要な役割を果たしています。 クエン酸のキレート作用は 成人病を誘発する活性酸素を間接的に押さえ込んでいるのだとも言えるわけです。