クエン酸

クエン酸回路とは

食物から摂取した栄養素は、クエン酸を含む8種類の酸に分解され、その過程でエネルギーをつくり出しています。このサイクルのことをクエン酸回路と言います。そしてクエン酸回路が正常に機能していることが、体内でのエネルギー生産と疲労回復を正常なものとしています。 長時間にわたり肉体労働や激しい運動をすると、エネルギーとしてのグリコーゲンやブドウ糖が消費されます。そして消費されたエネルギーの燃えカスが乳酸として蓄積されていきます。クエン酸回路は乳酸の分解も行っていますので、クエン酸回路の回転が早い方は疲労を早く回復させていきます。逆に回路のサイクルが遅いと疲労回復が遅く、乳酸を溜め込んでしまいやすい傾向があります。そのためクエン酸回路を活性化させることが疲労回復にとって有効だと言えます。 クエン酸回路を活性化させるのには、ビタミンB1の摂取が良いとされています。ただしビタミンは水溶性の性質を持ちますので、短時間で体外に排出されてしまいます。そのため一気にビタミンB1を摂取するのではなく、小分けに摂ったほうが体に吸収されやすいのです。 疲れが溜まってからだがキツイと感じたら、早目に休むのがいちばんですが、補助的には、クエン酸の多い梅・レモン・オレンジ・黒酢などと一緒に、ビタミンB1もこまめに摂るようにしてみると良いでしょう。