クエン酸

お風呂の鏡の洗い方

風呂の鏡を意識的に掃除している方は多いと思いますが、普段の掃除で使うと良いのが重曹です。重曹を薄めた水溶液をハンドスプレーで吹きかけてふくだけで、かなりきれいになります。ただし鏡の周辺部材にアルミ製のものが使われているときは、ちょっと注意しなければなりません。なぜなら重曹がアルミを変色させてしまうことがあるからです。ついたらすぐ洗い流せば大丈夫ですが、一応注意して使ってください。 掃除をしないで放置してしまうと、水道水に含まれているカルシウム成分が白い跡をつくってしまいます。白い結晶で鏡が相当汚れてしまった場合は、濃度の高いクエン酸の水溶液を使って、ティッシュなどに漬け込んでカルシウム成分を分解させてから洗っていくと良いでしょう。 一回の漬け込みだけで足らない場合は何度か繰り返してみてください。カルシウム成分が柔らかくならないうちに、力を入れて擦ってしまうと鏡を傷めてしまうので無理をしないことです。 カルシウム成分が結晶化していてクエン酸で漬け込んでも落ちない場合は、市販されている耐水ペーパー(1200番や2000番ぐらいの細かいもの)を使って、丁寧に擦ると鏡を傷つけずにきれいに汚れを落とすことができます。 きれいに水垢が落とせたら、あとでどうせ濡れるとしても一度乾いたタオルで水気をしっかり拭きとってみてください。はじめの鏡がどれだけきれいなモノだったのかが分かると思います。