クエン酸

お風呂のドアの掃除はクエン酸で洗う

お風呂のドアは周辺の断熱環境にも依りますが、お風呂のなかでも汚れやすいところです。 最近の建物のように、気密性や断熱性が良くなっている家ならそうでもありませんが、そこに弱点がある住宅だと結構大変です。ドアの外側なども、知らないあいだにすごいことになっているので、ここもしっかり手をかけてあげたいところです お風呂のドアの汚れは、所々重曹を出動させても良いのですが、アルミ製のドアが使われてある場合は、重曹を使うと黒く変色しますので、アルミでも樹脂でも大丈夫なクエン酸で対応していくと良いでしょう。 毎日は言いませんが、時間に余裕のあるとき、入浴タイムのなかで扉の内側を掃除しておくと一気に掃除しなくて後が楽です。普段の掃除は歯ブラシでゴシゴシやってシャワーをかけるだけでも汚れはかなり落とせると思います。カビは通気口などに溜まった石鹸カスやホコリに発生しますので、これらの汚れをこまめに取り除くことがポイントになります。 すでにカビや水垢がひどい場合は、シャワーまわりの洗浄と同じようにティッシュなどでクエン酸溶液を浸け込ませてカルシウム汚れを分解させておくと良いでしょう。ある程度してからスポンジや歯ブラシで汚れを取り除き、クエン酸を洗い流すと完了です。 乾いたタオルで扉全体の水気をしっかり拭いておくと、当分はきれいなまま気持よく使えることでしょう。