クエン酸

お風呂のシャワーまわりをクエン酸できれいにする

水垢が付着して放置してしまいがちなのが、お風呂のシャワーまわり、混合栓などです。はっきり言って洗ってもすぐ水垢で白くなってしまいますが、ずっと放っておくと言うのも考えものです。ひどい場合はシャワーが真っ直ぐでなくなってしまうこともありますので、少なくともそうならないように手をかけてください。 ここでは少し濃度の高いクエン酸溶液を使うことにしましょう。まずシャワーヘッドですが、ティッシュをヘッド部分に巻きつけて濃い目のクエン酸水溶液を、ひたひたになるまでしっかりとスプレーします。しばらく放置してから、今度はスポンジにクエン酸水溶液をつけてしっかり拭き洗いをして、最後に水で流しましょう。一度しっかりクエン酸液に漬け込んでおくと、穴が詰まっている部分があっても、固めの歯ブラシでこするとほとんどきれいになるはずです。 ホース部分はクエン酸をつけたスポンジで丁寧に擦り洗いするしかありませんが、混合栓の部分が水垢で白くなっている場合は、ヘッドと同じように、ティッシュなどに漬け込んでカルシウム分を分解させたほうが、きれいに落とせます。 お風呂によってはシャワーまわり以外にも、白く水垢が目立つところはあるでしょうから、月に一度は集中的に洗ってみることをおすすめします。