クエン酸

クエン酸溶液で蛇口の水垢を落とす

キッチンまわりで掃除が最後になってしまうところが蛇口ではないでしょうか。そのため、いつも後回しになって掃除しないままの状態になっていることがあります。 蛇口は濡れたまま放置してしまうと、すぐにカルシウム分で白いかたがついて結構見苦しい状態になってしまうので、定期的にクエン酸溶液で白い水垢をとってしまいましょう。 ハンドスプレーに入れたクエン酸溶液を蛇口部分に吹きかけて、ゴシゴシ洗っても良いのですが、蛇口に負担を掛けないできれいに落とすのなら、蛇口全体にティッシュを巻きつけて、クエン酸溶液をかけてあげたほうが、よりきれいに水垢を落とせます。 ティッシュがひたひたになるぐらい、クエン酸溶液をかけたら、しばらく放置した後ティッシュを取ります。それからスポンジや歯ブラシを使って蛇口の水垢を擦って落としていきます。最後に水で洗い流してから、乾いた布で水気を拭きとったら完了です。 なおキッチントップが人造大理石の場合は、蛇口の根元まで人造大理石が施されているかと思います。このタイプの仕様のキッチンだと、クエン酸溶液が、蛇口をつたって人大部分を溶かしてしまうことがありますので、クエン酸の仕様は避けてください。 カウンタートップが人造大理石の場合は、研磨効果を活かして、重曹の粉末をスポンジにとって蛇口を擦り洗いします。接合部分などの細かい箇所は歯ブラシを使って落とすと良いでしょう。最後に水で流したら、水滴や水気をしっかり拭きとって終了です。