クエン酸

自然派洗浄剤としてのクエン酸と重曹

年末の掃除で大活躍してくれるクエン酸と重曹。どっちがよく知られているかと言うと、油汚れに強い重曹の方かも知れませんが、クエン酸は、重曹にはない洗浄作用がありますので、どうせならこの二つを上手く使い分けていくと良いと思います。まずここでは、洗浄剤としてのクエン酸と重曹の違いを簡単に整理しておきたいと思います。 クエン酸はその名の通りで、酸性であり、水の中のカルシウムが固まった水垢や石鹸カスをきれいに落としてくれます。そしてこれにプラスして除菌効果があります。アルカリ性の重曹は油汚れや手垢を落とすのが得意であり、研磨効果もあるため、お風呂などのカビをきれいに落としたい時にも活躍してくれます。重曹で取れにくいカビを除去してから、殺菌力の高いクエン酸を後追いとして使うと、抗菌作用が付加される上に、重曹のアルカリ性を中和してくれるので、より完璧なお掃除が可能となります。 なおクエン酸と重曹を一緒に使うと発泡しますので、この発泡作用を使って排水管を掃除することもできます(この発泡ガスには毒性はありませんので安心してください)。 クエン酸も重曹もお互いの領域を侵しませんので、使い分けすると、大抵の汚れに対処できるかと思います。 なお注意点としてクエン酸は、鉄と大理石の洗浄には使えません。酸ですから、鉄を錆びさせる原因になりますし、大理石だと表面を溶かしてしまう場合があります。また重曹はアルミに使うと黒く変色させてしまいますので、アルミの洗浄には使わないようにしてください。