クエン酸

クエン酸リンスの使い方

クエン酸リンスは、クエン酸とグリセリンを混ぜるだけですから簡単につくることができますが、使い方に関しては、少し注意が必要です。 作ったクエン酸リンスはそのまま髪につけるのではなく、洗面器にお湯を張って、そこに5〜10プッシュ分のクエン酸リンスを加えて十分馴染ませて使います。クエン酸は酸性で、人によっては刺激に感じる方もいるかも知れませんので、いちばんはじめは5プッシュ程度を目安にして使ってみてください。大丈夫そうなら、10プッシュぐらい混ぜても構いません。 髪に馴染ませた後、洗面器に残ったクエン酸リンスは、髪にかけてしまいます。あとは通常のリンスを洗い流すのと同じでお湯ですすいで洗い流します。 クエン酸リンスの前の洗髪は純石鹸が良いようですが、これは石鹸でアルカリ性になった髪が、クエン酸の酸性で中和されることからリンス効果が高まるからです。使いはじめはこのリンス効果がなかなか表れないようですが、髪が慣れてきて、ツヤとサラサラ感が出てくるところがクエン酸リンスの人気の理由です。 アロマオイルを除けば、数百円と言う手頃さでつくれるクエン酸リンス。興味のある方は試してみてはいかがでしょうか。