クエン酸

クエン酸リンスをつくってみる

天然素材のシャンプーやリンスに関心がある方、オリジナルコスメをやっている方には珍しいことではないでしょうが、クエン酸でリンスをつくることができます。クエン酸以外に普通の酢でもリンスは作れるのですが、匂いがかなり強いことからクエン酸でリンスをつくっている方のほうが圧倒的に多いでしょう。人によってヒアルロン酸を混ぜたりする場合もあるようですが、基本的な部分は大きく変わりません。 クエン酸リンスの主な材料は、クエン酸とグリセリン、そして香りプラスするのにアロマオイルが使われます。たったこれだけ揃えてあれば良いので興味のある方はつくってみると良いでしょう。 はじめての方だと「クエン酸って売っているの?」って思うかも知れませんが、重曹と同じように、粉末状になったクエン酸が300円ほどで購入出来ます。クエン酸はキッチンまわりの掃除にもよく使われるものなので、重曹なら使ったことがあるという方は、自然派洗浄剤としてのクエン酸も試してみると良いでしょう。グリセリンはオリジナルコスメをつくる際に何かと重宝するものなので、持っておくと良いと思います。これもクエン酸と大体同じぐらいの金額で購入できます。 それとクエン酸リンスをつくるには水が必要です。水は水道水のものでも構いませんし、浄水器を通したものでも良いです(もちろん精製水を買って使っても構いません)。 あとは水500mlに対して、クエン酸を大さじ3杯、グリセリンを大さじ1杯、これに好みでアロマオイルを数滴加えて出来上がりです。つくる際は、はじめに適当なボウルなどで水溶液をつくってから、プッシュボトルに入れ替えると良いでしょう。